包茎手術を受ける際の痛みと術後の過ごし方について

内容が何であれ、自分が受ける手術に恐怖や不安を覚えない方はいないのではないでしょうか。大切なペニスを治療する包茎手術となればなおさら不安になるのも無理はありません。しかしながら、手術の際の痛みや術後の過ごし方を理解しておけば、ある程度その不安も払拭できるでしょう。
包茎クリニックで受ける手術の大半は、包皮を切り取るものになります。もちろん、手術前には局所麻酔を施しますので術中の痛みはありません。ペニスに麻酔を施す際の痛みに耐える必要はありますが、麻酔さえ効いてくれば、後は手術が終わるのを待つだけです。

クリニックにもよりますが、仮性包茎の手術なら早ければ30分で終了します。ただ、大変なのは術後の管理です。包茎手術後のペニスには包帯が巻かれていますが、毎日この包帯を外して消毒し、新しい包帯を巻くという作業が必要になります。また、術後数日は飲酒できませんし、ペニスを洗うこともできません。できるだけペニス勃起させないようにするなどの注意点もあります。
このように書くと大変な感じがしますが、術後期間を乗り越えれば一生包茎に悩まずに済むので、勇気を出して包茎手術にチャレンジする価値は十分にあるでしょう。